施工管理は未経験でも転職可能!転職するメリットや施工管理に向いている人の特徴を解説

皆さん、こんにちは。千葉県大網を中心として県内全域で戸建て住宅の建築から水回りのリフォームまで、住まいのお困りごとに関して対応できる有限会社セーワ住設です。有限会社セーワ住設では多くの専門職の人が働いています。


今回はその中でも施工管理の仕事について詳しく解説します。建築にあたって、施工管理は重要な仕事の一つでありながら、経験や資格が必ず必要という仕事ではありません。


施工管理は、未経験からでも始められる仕事で、やりがいもあります。施工管理に興味があるなら、ぜひ参考にしてみてください。




■未経験から施工管理に転職するメリット


施工管理という仕事は未経験でも可能であり、転職するメリットがあります。建築業界で働きたいけど経験がなくて不安と考えているなら、おすすめの仕事といえるでしょう。


なぜなら、未経験から始められる割に施工管理は将来性が高く、キャリアアップがしやすい職種だからです。ここでは、施工管理に転職するメリットについて詳しく解説します。施工管理の仕事に興味があるという人は、ぜひ検討材料の一つにしてみてください。



・将来性が高い

施工管理は、将来性の高い仕事です。建築業界は、個人住宅から高層マンション、公共施設だけでなく橋や道路の建築など、多くの仕事があります。


これらの仕事は、人がいる限りなくなることはありません。また、作るだけでなく老朽化した建築物等は定期的なメンテナンスや解体を必要とします。


そのため、建築業界で仕事が増えることはあってもなくなるということはありません。デジタル化が進んでいる近年であっても、施工管理の仕事は人が行わなくてはならないため、将来性が高い仕事といえるでしょう。


建築関連の仕事は今後ますます増えることでしょう。また、現在でも人手不足の業界ですが、将来的には現在建築業界の中核を担っているベテラン世代が退職し、さらに人手不足が深刻になることが予想されています。そのため、施工管理は今後より必要とされる仕事といえます。



・資格次第で確実にキャリアアップできる

施工管理の仕事のメリットは、資格次第で確実にキャリアアップできるという点です。施工管理は、未経験であっても資格がなくてもなることができます。


主任技師や管理技士になるためには2級施工管理技士を取得すればよく、さらに大規模な建築に関わりたいというときには、1級施工管理技師を取得することになります。他の職種は、どうしても上司の評価にキャリアアップがゆだねられてしまうことがあります。


評価の指標があいまいでは、どうやってキャリアアップをすればいいかわからないという悩みも出てくることがあるでしょう。しかし、施工管理にはそのようなことはありません。


必要な資格を取得することによってキャリアアップが可能なので、わかりやすいうえに目指しやすい点がメリットです。資格を取得してキャリアアップをすることによって給与も上がり、よりやる気も出るのではないでしょうか。




■施工管理のやりがいとは?


施工管理の仕事には多くのやりがいがありますが、特に仕事の成果がわかりやすい点と人々の暮らしを支えるという点にやりがいを感じる人が多くいます。


建築業全般に言えることですが、後世に残るものづくりを自分の手で成し遂げたというのは、感慨深いものがあります。ここでは、多くの人が感じる施工管理という仕事のやりがいについて詳しくみていきましょう。



・仕事の成果がわかりやすい

施工管理は、仕事の成果がわかりやすい点がポイントです。いくら良い仕事をしても、人から評価されづらい仕事ではなかなかやりがいを感じることが難しいときもあります。しかし、施工管理の仕事は、一目でわかるものです。


大きな公共施設などを手掛けた際には「ここを建てた職人の一人が自分だ」と誰にもわかりやすく示すことができます。


完成した建物は長く後世に残り、携わった建物でイベントなどが開催されて多くの人でにぎわうような商業施設や公共施設なら、より誇らしくなるのではないでしょうか。仕事の成果が目に見えてわかり、評価されるのは、やりがいを感じられるでしょう。



・住人や利用者の快適な暮らしを支える

住人や利用者の快適な暮らしを支えることができるのも、施工管理のやりがいといえます。なぜなら、施工管理の仕事はさまざまな建物を作ることであったり、それは誰かのマイホームであったり憩いの場であったりします。


感謝や喜びの言葉をじかに伝えてもらうこともでき、社会に貢献できる仕事でもあります。自分が建築に携わった建物を多くの人が笑顔で利用しているのを見ると、やりがいを感じられるでしょう。




■施工管理に向いている人の特徴!こんな人は施工管理に向いてます



施工管理が向いている人には、共通の特徴があります。施工管理になりたいと検討しているなら、どういった人が向いているのかを確認しておきましょう。どんな仕事にも向き不向きがあるので、自分の資質が施工管理に向いているかどうかを把握しておくことは重要といえます。



・コミュニケーション力

施工管理になるにあたって重要なのは、コミュニケーション能力です。なぜなら、施工管理は多くの職人とうまくやっていく必要があるからです。


また、現場の職人だけでなく関連会社の社員ともうまくやっていく必要があります。多くの人の協力があってこそ、建築現場がスムーズに回るからです。


年齢や性格、得意な分野などそれぞれみな違います。職人の中には、気難しい性格の人も少なくありません。


そのため、相手がどのような人であってもものおじすることなく話しかけることができ、円滑にコミュニケーションをとれる人でなければ現場を回していくことが難しいといえるでしょう。


コミュニケーション能力が高ければ、その分いろいろな人の意見を聞き、職人間や関連会社の社員などとうまく連携を取ることも可能になります。人と関わることが好きで、一方的に話すだけでなく聞き上手な人は施工管理に向いています。



・体力がある人

施工管理に向いているのは、体力がある人です。施工管理という名前からして、事務職を想像する方もいるかもしれません。もちろん施工管理が事務仕事をすることも多いです。何より膨大な仕事が割り振られるので、残業や休日出勤などもあります。


施工管理は現場にいることも多い仕事で、炎天下で工事現場を歩き回って指示を出すことも少なくなく、寒い冬場であっても同様です。そのため、昼間は体力の消耗が激しく、その後の残業などでも体力が必要になります。




・リーダーシップやマネジメント力

リーダーシップやマネジメント力も、施工管理にとって重要な資質といえます。なぜなら、施工管理が関連会社の社員や現場の職人たちに的確な指示を出し、うまく全員をまとめて引っ張っていくことで、工事を予定通り進めることができるからです。


リーダー資質がなく、優柔不断で頼りない施工管理では、工事現場で多くのミスが起きたり大きなトラブルに発展したりといったことが起こります。また、指示をするときにも上から目線で命令するような出し方では職人や関連会社の社員の不興を買ってしまうでしょう。


そういったことも、トラブルや人間関係の不和を招きます。そのため、ただ指示を出すというだけでなく、それぞれの人の性格を把握しておく必要があるでしょう。


相手の立場や性格に合った適切な言葉と態度を心がけることで、無用なトラブルを回避でき、現場を円滑に回すことができます。


学生時代に学級委員長や文化祭でのリーダー、部活動やサークル活動でのキャプテンやリーダーを務めた経験がある人は、施工管理に向いています。



・臨機応変に対応ができる人

臨機応変に対応ができる人であることも、施工管理に向いている人の特徴の一つです。工事中はトラブルやアクシデントが起こりがちで、まったく何も起こらないなどといったことはありません。


工事の進捗が遅れてしまうことも、珍しくないでしょう。だからといって、そのままにしておけば納期を守ることができなくなってしまいます。


そのため、トラブルやアクシデントが自分で解決できなければ上司の強力を仰ぐなどの対応が重要となります。


スケジュールに遅れが出たときには、思い切ってスケジュールの調整をし直す必要があるでしょう。突発的なアクシデントにも臨機応変に対応できる人こそ、施工管理に向いているといえます。




■施工管理として働くために必要な資格は?



施工管理として働くために、必ず必要という資格はありません。そのため、施工管理は未経験者でもなることが可能です。


施工管理の一般的なキャリアプランや、取得するべき資格については、以下の記事を参考にしてみてください。施工管理の仕事をする上で多くの資格を取得しておくと、より仕事の幅を広げることができるでしょう。

https://www.se-wa-j.co.jp/blog/column/156923


施工管理には未経験者・無資格者でもなることができ、入社してから資格を取得する人も多くいます。もちろん施工管理にも資格はあり、一級施工管理技士や二級施工管理技士を取得している人も多くいます。


これらの資格は国家資格ではあるものの、必ずなければ施工管理として働くことができないかというと、そうではありません。


ただし、これらの資格を取得することで仕事の幅が広がり、より大きな仕事に携わることができるようになるでしょう。


施工管理の仕事をしたいと考えているなら、有限会社セーワ住設なら、資格支援制度があるため、特に未経験だけど施工管理の仕事をしてみたい、と考えている方にはおすすめといえるでしょう。


また、施工管理の仕事は膨大な仕事を割り振らてしまうことも多く残業をたくさんしなければ仕事が追い付かないという場合もありますが、有限会社セーワ住設では残業は10時間以内に収めることも可能なため、働きやすい環境が整っています。


なぜ残業が少ないのかといえば、自分の裁量を持って働けるからです。現場を任せてもらえるようになれば、打ち合わせから工事完了までのスケジュールを自分で管理することができ、無理なく働くことが可能となります。


施工管理の仕事に興味はあるけど家族との時間も大切にしたい、毎日残業するのは難しいと悩んでいるなら、ぜひ有限会社セーワ住設に応募してみてください。


セーワ住設の求人情報はこちら

https://www.se-wa-j.co.jp/recruit